【◎サラス】紫苑ステークス(GIII)の予想2018

第3回紫苑ステークス(GIII)

サラス ◎
マウレア ○
ノームコア ▲
クイーングラス △
ロサグラウカ ×
パイオニアバイオ ×
ランドネ ×

本番秋華賞に繋がるようになってきたトライアル紫苑S。さて、今年はどうでしょうか。

本命二重丸はサラス。前走京橋特別(重馬場)はスタートで蹌踉めき他馬にぶつけられる感じで後手。さらに大外を回され、それでも2着と強い内容。今回は条件は良化しますし、あとは乗り替わりの田辺騎手がどこで脚を使うか。

対抗はマウレア。アーモンドアイ以外のオークス上位馬が順調ではないのが多少気がかりですが…まぁ激戦の疲れは抜けているでしょう。仕上がりは緩めそうでも実績は上位。

なんとしても賞金を加算したいノームコアが▲。

◎単複、◎から馬連、計8点。

結果

1 ノームコア ▲
2 マウレア ○
3 ランドネ ×
4 パイオニアバイオ ×
5 ハーレムライン

鞍上ルメールの2番人気ノームコアが重賞初制覇!スムーズな位置取りで先行し、最後は3馬身差をつける完勝でした。2着に1番人気マウレア。入線後歩様が乱れ下馬との事で、心配。

我が本命馬サラスは…13着大敗。前走のような競馬を見てしまうとついつい狙いたくなってしまうんですよねぇ…さらに中山得意な田辺騎手という事で期待したわけですが…脚質・騎手の着実性でノームコア、実績からマウレア、このどちらかを軸にすべきでした…反省不的中。。。

UP

直後に診療所で検査を受けた結果、左前肢ハ行と診断され、骨などに異常は認められなかった。

秋華賞の優先出走権は確保したものの、不安を残したトライアル。手塚調教師は「(本番の出走を含めて)今後の様子を見てからになる」と話すにとどめた。

【紫苑S】マウレア、追い上げて2着…ゴール後に武豊が下馬するアクシデントも。診断結果は左前肢ハ行 : スポーツ報知

この記事のトラックバックURL(受信不調時陳謝)



トラックバック

  1. 紫苑ステークス2018【予想】|全頭考察と消去法データ編

    第3回紫苑ステークス2018の予想です。過去10年の傾向からデータ予想してみました。マウレア、ノームコア、フィニフティなど秋華賞を目指す3歳牝馬が集いました。9月8日(土)中山競馬…

  2. 紫苑ステークス(GⅢ)最終決断

    紫苑ステークス GⅢ

    ◎ ④ サラス (田辺 裕信)
    ○ ⑤ ロサグラウカ (石川 裕紀人)
    ▲ ③ パイオニアバイオ (木幡 巧也)
    △ ⑥ クイーングラス (丸田 恭介)
    △ ② オハナ …