【名牝伝説】ウオッカ、2センチ差でジャパンカップ制覇!

しびれた、酔った!なんとまぁ素晴らしき名牝!

*ウオッカ優勝、史上最多タイのJRA・GI7勝目=ジャパンC(スポーツナビ
*ウオッカが鼻出血 オーナーは引退も示唆(MSN産経ニュース
ウオッカ – Wikipedia
*YouTube – ウオッカ

ただただ脱帽そして拍手!1番の人気に応えてくれまして、GI7勝目を海外強豪を迎えた舞台で堂々達成!オウケンブルースリの大猛追でその差は2センチ…ダイワスカーレットとの歴史的激闘もハナ差2センチ…これを制すのですから、なんとまぁドラマチックなお馬なんでしょうか!
ただレース中鼻出血との事で、これはもう歴戦のダメージ極限でありましょう。規定によらずとも有馬を前に一幕おろして良いのではないでしょうかね…1位が居なくても誰も文句は言わなかったと思います。とにかく、素晴らしい勝負をありがとうウオッカ!

この記事のトラックバックURL(受信不調時陳謝)