【悔しくて眠れない動画】凱旋門賞、惜しくもオルフェーヴル2着!

完全に勝ったと思ったのにぃぃ。ペリエ、ソレミア、テメw

 最後の直線で先頭に立ったオルフェーヴルだが、ゴール直前でペリエ騎乗のソレミア(牝4=仏)にかわされた。
 日本馬は1969年のスピードシンボリを最初に、凱旋門賞に昨年まで12頭が挑戦。99年のエルコンドルパサーと2010年のナカヤマフェスタの2着が最高だったが、オルフェーヴルによる日本競馬界の悲願達成はならなかった。
*【凱旋門賞】オルフェーヴル無念2着 ゴール直前かわされた ― スポニチ

フランス大舞台で完全に弾けたぁ!扉を開け放ち歴史はつくられたぁぁ!……え……うわ…(放心)…ガッツポーズ返してぇぇorz 完全に勝ったレースと思いましたら…悔しすぎです。

レース後、もういい加減日本に勝たせてくれてもいいだろうなんて思ってしまいましたけど…、そこは勝負の世界、特に世界相手ですから甘くは無いですね。だからこそ挑戦する価値があるのもわかっておりますけど…クヤシイw

勿論オルフェーヴルの強さ、この条件でこの走りは絶賛しますし、日本馬でここまでという感慨もあるにはあるのですが…あ゛~何とも惜しくてクヤシイ一戦!一生こびり付くぞw





トラックバック用URL(受信不調の場合は陳謝)