【◎クリンチャー】阪神大賞典(GII)の予想2018

第66回阪神大賞典(GII)

クリンチャー ◎
アルバート ○
レインボーライン ▲
サトノクロニクル △
ヤマカツライデン ×

過去10年データの年齢別連対率は、4歳馬35%・5歳馬23%・6歳馬11%に対して7歳以上は6%。1番人気の連対率は70%もありますので、ここは人気に逆らわず4歳馬クリンチャー。

アルバートは7歳馬休み明けと阪神未経験で対抗に。あとは3着候補という感じで、菊花賞2着の5歳馬レインボーライン、阪神は合うので距離が我慢できればサトノクロニクル、叩いた上積みとマイペースにもちこめればヤマカツライデン。

◎○2頭軸→▲△×の3連単と、◎から馬単も一応。

結果

1 レインボーライン ▲
2 サトノクロニクル △
3 クリンチャー ◎
4 アルバート ○
5 カレンミロティック

鞍上岩田騎手のレインボーラインが約2年1ヶ月ぶりとなる重賞2勝目!展開が向いたというのもありますが、ここまでの経験が実ったという感じ。

2着はサトノクロニクル。この馬まだまだ奥がありそうです。

一方鞍上武豊騎手の断然人気クリンチャーは3着。乗り替わりに戸惑ったのか、なかなかおりあえず大惨敗も覚悟しましたけど…3着確保はよく残った方かもしれません。

以上、このレースくらいはとれるだろうと思いましたが、今週も絶不調続行中。。。

この記事のトラックバックURL(受信不調時陳謝)