【◎シュヴァルグラン】天皇賞(春)(GI)の予想2018

第157回天皇賞(春)(GI)

シュヴァルグラン ◎
チェスナットコート ○
ガンコ ▲
レインボーライン △
クリンチャー △
トーセンバジル × 
アルバート ×
サトノクロニクル ×

昨年同様シュヴァルグランに二重丸。

メンバー中唯一のGI馬であり、また春の天皇賞は2016年3着、2017年2着、ともはや特殊コースともいえるこの舞台で好成績。前走大阪杯GI(13着)は叩き台と考えるにしても負けすぎな気はするのですが…一度叩いて気持ちと状態が戻っていてくれれば、春盾を奪取してくれると思います。

対抗はチェスナットコート。過去10年データで5勝1連対と好成績の1枠に入りましたし、バテずに長い脚を繰り出せる展開になれば。さらなるスタミナ勝負となればガンコか。

◎単と馬連。

結果

1 レインボーライン △
2 シュヴァルグラン ◎
3 クリンチャー △
4 ミッキーロケット 
5 チェスナットコート ○

予想以上の激戦・激闘となった春の天皇賞2018。見事制したのは2番人気のレインボーライン!しかし、岩田騎手はゴール後下馬…診断結果は右前肢跛行との事。2015年桜花賞以来のGI制覇となった岩田騎手ですが、インタビュー時の心から喜べない表情が印象的でした。

我が本命馬の1番人気シュヴァルグランはクビ差の2着…ワンテンポ抜け出すタイミングが早かったでしょうか。まぁそれでもよく走り抜いてくれました。

3着に4歳馬クリンチャー。前走よりは馬がリラックスして走れてましたし、三浦皇成騎手は代打のチャンスを活かして勝ちきりたかったところ。

GI初挑戦の3番人気ガンコは14着大敗…。展開向かず距離も長すぎで疲労もあったのでしょう。有馬記念に期待。

予想は相変わらず絞れてませんが馬連1030円的中。

この記事のトラックバックURL(受信不調時陳謝)



トラックバック

  1. 天皇賞(春)最終決断

    ◎チェスナットコート

  2. My Sweet KEIBA より:

    【競馬予想】第157回天皇賞(春)

    天皇賞(春)の本命はステイゴールド産駒◎レインボーライン。前走の阪神大賞典では鞍上の岩田騎手がレース後に「長丁場なので折り合いだけを頭に入れて、あとは流れに乗って進めま…

  3. 【競馬予想】天皇賞・春

    ◎〔11〕シュヴァルグラン ○〔6〕ガンコ ▲〔17〕トミケンスラーヴァ ≪馬連≫ 6-11 ≪ワイド≫ 11-17 6-11 ≪3連複≫ 6-11-17 超難解の天皇賞。ここは素…

  4. 週刊萌馬 より:

    天皇賞・春予想 byびぜんや

    土曜日の午前中、松本市西部の畑作地帯で地元大学主催の「馬耕」をやってるというので洗車に出かけるついでに少しだけ眺めてきました。

    実際には「馬耕」よりも子どもたちとポニ…

  5. 天皇賞(春)をダウジングで予想

     久しぶりの更新です。
    今回は天皇賞(春)を予想してみたいと思います。