【◎タニノフランケル】京都新聞杯(GII)の予想2018

第66回京都新聞杯(GII)

タニノフランケル ◎
グローリーヴェイズ ○
フランツ ▲
アルムフォルツァ △
アドマイヤアルバ △
ユーキャンスマイル ×

過去データでは前走500万下勝ち馬が6勝。

この組の中から本命二重丸はタニノフランケルにしてみました。後ろで牽制してもらってうまくマイペースの逃げに持ち込めれば。

対抗印は500万下組ではなくあえてグローリーヴェイズに。休み明けは気になりますが、前走きさらぎ賞(GIII・勝ち馬サトノフェイバー)をハナ差2着で素質は高そう。

◎と○から馬連、計9点。

結果

1 ステイフーリッシュ
2 アドマイヤアルバ △
3 シャルドネゴールド
4 グローリーヴェイズ ○
5 メイショウテッコン

荒れちゃいましたぁw 

7番人気のステイゴールド産駒ステイフーリッシュが重賞初制覇!前走共同通信杯(GIII)は2番人気を裏切って10着…ただ前々走ホープフルS(GI)は3着ですので、印くらいはつけられたかも…。今回馬体重+16で状態が戻ればこれくらい走れる馬なんですね。無印反省。

2着に初距離をこなせた11番人気のハーツクライ産駒アドマイヤアルバ。この馬には印を打てていたのですが…。

対抗にした2番人気グローリーヴェイズはスペースをなくしまうロスがあり4着…。そして我が本命馬タニノフランケルは…なんと殿負けの17着…。スタートで躓いてしまい自分のレースに持ち込むことができませんでした。。。

1番人気フランツは発馬悪く最後方からのレースとなってしまい大外ぶん回して10着。青葉賞(GII)といいディープインパクト産駒が人気を裏切ってくれますね…。

この記事のトラックバックURL(受信不調時陳謝)



トラックバック

  1. 京都新聞杯 最終決断

    ◎レイエスプランドル