【◎マイスタイル】新潟大賞典(GIII)の予想2018

第40回新潟大賞典(GIII)

マイスタイル ◎
トーセンマタコイヤ ○
ハクサンルドルフ ▲
トリオンフ △
スズカデヴィアス △
ステファノス △
ナイトオブナイツ ×
ケントオー ×
ナスノセイカン ×

過去10年で1番人気0勝1連対しかしていない荒れるハンデ重賞…今年はどうか。

過去10年データでは前走2着馬が3勝・連対率43%。この1点のみに注目し眺めてみれば…1頭だけおりました。本命二重丸は4歳馬マイスタイル。前走福島民放杯2着が休み明けに走りすぎた、とはならず上積みとなる事を期待。

対抗はヨシトミ先生のトーセンマタコイヤなんてどうでしょ。前走中山金杯(GIII)は6着とはいえ0.3秒差。鉄砲も効きますしハンデも人気も丁度良い感じ。▲は展開頼みのハクサンルドルフ。

◎単と馬連、だらだらと手広く。

結果

1 スズカデヴィアス △
2 ステイインシアトル
3 ナスノセイカン ×
4 トリオンフ △
5 トーセンマタコイヤ ○

7番人気7歳馬スズカデヴィアスが激戦を制しV!初の新潟外回りでしたが相性も良く、待望の重賞初制覇!

2着にはよく粘った9番人気ステイインシアトル。2017年函館記念(GIII)以来の長期休養明けで、しかも15着。ただその時は重馬場でしたしね。鉄砲も効きますし(1勝2着2回)、なんとか印くらいうちたかったところですがノーマーク。3着にはナスノセイカン。11番人気でしたが大健闘。

本命にしたマイスタイルは先行して押し切り、の形にはならず…6着で不的中。ハクサンルドルフは8着という結果でした。

この記事のトラックバックURL(受信不調時陳謝)