【◎ツヅミモン】クイーンステークス(GIII)の予想2018

第66回北海道新聞杯クイーンステークス(GIII)

ツヅミモン ◎
ディアドラ ○
トーセンビクトリー ▲
ソウルスターリング △
アグレアーブル ×
エテルナミノル ×
フロンテアクイーン ×

過去9回(札幌施行)のデータでは、3歳馬が連対率24%と活躍。3歳馬リバティハイツは距離がどうかなぁと思いましたので、ツヅミモンの方に期待。まぁこちらも初距離ではありますが、シンザン記念でアーモンドアイの2着でもありますし、斤量51でなんとか粘りこんで欲しいです。

1番人気の連対率が67%なのでディアドラが対抗。

▲は昨年2着で千八得意のトーセンビクトリー。前走は飛ばしすぎて最下位。おかげで人気してませんので3番手評価。

復活を期すソウルスターリングは斤量がどうか。

◎単複と馬連、計8点。

結果

1 ディアドラ ○
2 フロンテアクイーン ×
3 ソウルスターリング △
4 トーセンビクトリー ▲
5 アンドリエッテ

1番人気ディアドラが重賞3勝目!ドバイ遠征後でしたが、よく乗り込まれた貫禄の馬体という感じで、3馬身差の圧勝でした。

2着は4番人気フロンテアクイーン。これで5戦連続2着。心房細動の影響が気になりましたが、頑張って走ってます。3着ソウルスターリング。2着とはクビ差とはいえ、実績からいえば連は確保したかったところ…。

一方我が本命馬ツヅミモンは9着…。厳しい展開というわけでもなく、これは現時点で能力が足らなかったという内容でしょう。リバティハイツは距離長く10着で、3歳牝馬惨敗という結果でした。今週も不的中。。。

この記事のトラックバックURL(受信不調時陳謝)



トラックバック

  1. 週刊萌馬 より:

    クイーンS予想 byびぜんや

    先週も書きましたが、大相撲名古屋場所で長野県出身の御嶽海関が優勝。

    今年は平昌五輪で小平奈緒選手と菊池彩花選手が金メダルを獲得し、

    野球のBCリーグでは信濃グランセロ…