【◎ミッキーブラック】京都2歳ステークス(GIII)の予想2018

第5回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GIII)

ミッキーブラック ◎
ブレイキングドーン ◯
ワールドプレミア ▲
クラージュゲリエ △
ペルソナデザイン ×

重賞格上げ後1番人気は勝ててませんが、今年はどうか。

本命二重丸はミッキーブラック。自在性がありそうなのと、距離経験も活かせそう。

対抗はブレイキングドーン。新馬戦で連勝中のアドマイヤジャスタに3馬身差の完勝ですので、ここも期待。

良血ワールドプレミアの、前走新馬勝ちは武豊騎手のカバーがあってこそという感じ。あとはスタートも気になりますので▲評価にしました。先週の東スポ2歳S、同じディープインパクト産駒・1勝馬ルヴォルグを本命にして失敗したので、このあたり敏感になっておりますw

その東スポ2歳Sは札幌2歳S勝ち馬ニシノデイジーが連勝。札幌2歳Sで1番人気・3着だったのがクラージュゲリエ。能力はありそうですが…まだ幼くテンションが高くなると自滅なので△評価。

あとはチークピーシズを外してみるというペルソナデザイン。もたれず走れるか否か。

◎単と馬連、計5点です。

結果

1 クラージュゲリエ ×
2 ブレイキングドーン ◯
3 ワールドプレミア ▲
4 ミッキーブラック ◎
5 ショウリュウイクゾ

クラージュゲリエが1番人気に応えて重賞初制覇!
自滅する事なんてなく折り合えてましたし、抜群の瞬発力。札幌組、レベル高いっすねぇ。

2着にはブレイキングドーン。放馬除外明けの一戦でしたがダメージもなく、この加速力。実戦向きタイプでいいですねぇ。

一方、こういう決め手のない我が本命馬ミッキーブラックは、前でもっと差をつけて踏ん張らないといけませんでしたが、よく言えばここは無理せずホープフルSを見据えてといったレースでして…4着敗退。不的中。。。

この記事のトラックバックURL(受信不調時陳謝)



トラックバック

  1. 京都2歳S 最終決断

    京都2歳ステークス GⅢ